ひなた保育園

外国人スタッフ在籍で生活の中で自然に英語が身につく!英語教育に力を注ぐ岡山市のひなた保育園です。

お問い合わせお問い合わせ

ひなた保育園の英語教育

「世界に羽ばたく」を、将来の選択肢のひとつに

ひなた保育園のスタッフ似顔絵

ひなた保育園では、子どもたちが自然に英語コミュニケーションに触れることによって、日本語を習得するように英語に慣れ親しむことができる環境を整えています。

2020年より小学5年生の英語教科化を実施することを含めた文部科学省による「新学習指導要領」の発表を受け、早い自治体ではすでに先行実施が始まっています。小中学校受験においても英語能力はとても重要な位置づけとされており、英語学習の低年齢化は止まるところを知りません。

言語処理能力を有する右脳は、0歳〜3歳までの乳幼児期に特に能力を発揮します。幼いうちに英語に触れることが最も効果的だと言われているのはそのためです。ひなた保育園では、日常的に遊びの中で英語に触れるということのほか、子どもたちの発育に合わせ、楽しく丁寧な英語のレッスンの時間も設けています。

外国人スタッフと交流するようになった子どもたちの変化には、目を見張るものがあります。

ひなた保育園の英語教育

英語教育導入の実施前と実施後を比較すると、子どもたちがシールの色を楽しそうに「Blue」「Red」と表現したり、ブランコに乗って「Please push」とお願いしたりするなど、これまでは見なかった光景をたくさん見かけるようになりました。興味・関心の赴くまま、あらゆることを吸収する子どもたちの柔軟性には、毎日、驚きの連続です。「家でも英語を話すようになって、びっくりしました」と報告してくださる保護者の方もいらっしゃいます。

また、言葉や意思疎通だけではなく、コミュニケーション面にも変化が現れています。外国人スタッフを前にして、最初は緊張でガチガチだった子どもたちも、一、二ヶ月くらいすると、名前を呼び掛けながら後を追いかけるなど、自ら積極的に外国人スタッフと関わろうとするまでになりました。「街で外国人を見かけても、全く緊張しなくなった」という声もあがっています。

小学校から本格的にスタートする英語学習に備えて素地を養っておくことは、小学校英語へのスムーズな接続にも大いに効果的です。

“How are you?”
“I’m happy!”

今日も、子どもたちの元気な声が聞こえてきます。

種として蒔かれた英語コミュニケーション体験が、子どもたちひとりひとりの人生の選択肢を広め、将来素晴らしい花を咲かせることを望んでいます。